ファクタリングで生じる5つのデメリット③~⑤

ファクタリングで生じる5つのデメリットのうち、「①手数料が発生する」と「②売掛先にファクタリングが知られるリスクがある(3社間)」を、前回の記事で紹介しました。ここでは、5つのデメリットのうち、残りの③から⑤までを解説します。

デメリット③債権譲渡登記

債権譲渡登記とは、「この債権の債権者が自分(自社)である」と証明するための登記であり、東京都中野区野方に所在する「東京法務局債権登録課」にて実施するものです。
※債権譲渡登記はオンライン申請も可能

ファクタリング業者が債権譲渡登記をすることで、同じ債権に対して複数の債権者の有無を知ることができ、回収不能などのリスク回避にもつながります。

ファクタリングを申込者が利用した際には、登録免許税7,500円もしくは15,000円が、申込者の負担となるのでご注意ください。その他、司法書士への報酬が加えられるケースもあります。

デメリット④債権(売掛金)の金額を超える現金化はできない

ファクタリングは、基本的に債権(売掛金)から手数料を差し引いた金額が、現金化される形です。そのため、債権(売掛金)の金額を超える現金化はできません。

デメリット⑤悪徳業者の存在

ファクタリング業者の中には、悪質なものも存在します。
貸金業者のように、国や都道府県などの許可が不要なため、いわゆる闇金と呼ばれる違法業者も参入していることが理由です。

高額の手数料や、法定金利(最大年20%※10万円未満)を超える金利で貸し付けるなどの特徴が見受けられます。
ファクタリングを利用する際には、くれぐれもご注意ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です