ファクタリングで得られる9つのメリット⑦~⑨

ファクタリングで得られるメリットとして、これまでの記事にて、以下の項目を取り上げてきました。

①スピーディーな資金調達が可能
②売掛金の買取のため返済不要
③キャッシュフローの改善につながる
④売掛金が回収可能なことが重視される
⑤ファクタリングは負債に計上されない
⑥自由な資金使途

ここでは、ファクタリングのメリット⑦から⑨を紹介します。

メリット⑦来店が必須ではない⇒時間の有効活用

ファクタリング業者の多くは、来店を必須とはしていない点も、メリットとしてあげられるでしょう。
担当者がファクタリングの申込者のもとに来訪する形が大半です。

中には、郵送などで必要書類を送付し、ファクタリング審査の通過後に、指定された金融機関の口座に入金するケースも存在します。

来店のための時間を割く必要がないため、業務の時間などに充てることができることから、結果的に、時間の有効活用にもつながるでしょう。

メリット⑧不動産などの担保や保証人が求められない

ファクタリングは融資ではなく、債権(売掛金)の譲渡となるため、不動産などの担保や、万が一のための回収先としての保証人が求められることはありません。ファクタリングでは、売掛金が回収できることが優先されるためです。

メリット⑨継続利用の際には優待特典も

ファクタリング業者との取引回数が増えれば増えるほど、優待特典が受けられる可能性が生じるでしょう。

優待特典には、債権(売掛金)の買取の確率が高まることや、手数料の減額などが想定されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です