不動産仲介を個人で行う手順③

不動産仲介を個人で行う手順①と②では、次の5つの流れを解説しました。

・事前に物件の相場をチェックする
・物件に関する資料を用意する
・売却価格を設定後、物件情報を宣伝する
・物件情報を見た方からの問い合わせや内見予約の受付
・買い手との物件の価格交渉

こちらの③では、残り3つの手順を紹介します。

6.売買契約書を作成する

買い手との価格交渉が済み、売却価格が決まりましたら、売買契約書を作成します。売買契約書には、「売却価格」「固定資産税の起算日」「引渡し日」「手付金や中間金の受領日」などを記載します。収入印紙を忘れないようにしてください。
※2020年3月31日までは印紙税の軽減措置が適用されます

瑕疵(かし)や設備などの不具合などは、「重要事項説明書」に記す必要があります。※正式な重要事項説明書は宅地建物取引士所持者でないと作成できません

7.売買契約を結び、代金を決済する

作成した売買契約書の内容にきちんと目を通してもらった後、売主と買主の両者が署名捺印をして、売買契約を結びます。物件の代金は決済日に入金してもらう形です。

売買契約時に買主は売主に手付金を支払い、固定資産税の精算を決済日、もしくは別途設定した日に行います。

8.決済日~物件の引き渡し

決済日には、司法書士に立ち会ってもらい、所有権移転登記手続きを実施します。同時に、「売却価格-手付金」の金額を受領し、後日、物件の引き渡しをした時点で売買取引の完了です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です