不動産仲介を個人で行う手順①

不動産仲介は個人で行うことで、不動産業者に支払う仲介手数料を節約したり、売買の際に建物への消費税が非課税となるメリットがあります。

一方で、手続きのすべてを自身で担ったり、不動産トラブルへの対応を責任を持ってやり遂げることも必要です。

ここでは、不動産仲介を個人で最初から最後まで行うための手順を紹介していきます。

1.事前に物件の相場をチェックする

不動産仲介を個人で行う手順の1番めは、売却したい不動産物件の「相場」をチェックすることです。国土交通省「土地総合情報システム」では、過去に成立した不動産の取引価格を調べることができます。

不動産業者が設けている「一括査定サイト」にて査定をしてもらうのも良いかもしれません。

2.物件に関する資料を用意する

続いて、物件の築年数や面積、建築図面などがすぐにわかる資料を用意します。

3.売却価格を設定後、物件情報を宣伝する

最初に調べた物件の周辺相場を踏まえた上で、売却価格を設定します。売買取引では、最初に提示した価格で成立することは稀です。

大抵の場合、買い手との価格交渉の末に実際の売却価格が決定します。そのため、値下げされることを前提とした価格設定をしておくのがセオリーです。

売却価格が設定できましたら、物件情報の宣伝です。有料の不動産ポータルサイトや、不動産のオークションサイトに物件情報を登録します。チラシを作って物件の近隣に配布したり、SNSに物件情報を投稿するのも良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です